こんばんは。おひさしぶりです。
頑張ってる男、zukkyです。


今日は最近力をいれている「NFTアート」についてです。


 



NFTアートとは

今話題のNFTアートについて、

なんとなく聞いたことはあっても詳しくは分からないという人も多いのではないでしょうか。

NFTアートについて簡単に説明します。




NFTとは


NFTアートのNFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略です。

非代替性トークンとは、

ブロックチェーンの技術を用いた代替不可能なデジタルデータのことを言います。


ブロックチェーン技術とは、

暗号通貨であるビットコインの取引などを記録するために発明された技術で、

複数のコンピューターに情報を記録させブロックのようにしてつなげることで、

データの改ざんやトラブルに強く安全なシステムとされています。


そしてトークンとはブロックチェーン技術を使った仮想通貨のことです。


非代替性トークンが仮想通貨と違う点は、個別に識別できるコードを持っているという点です。

そのためそれぞれが固有の価値を持っているため、代替え性がないといえるのです。

すなわちNFTとは、唯一無二の価値を持ったデジタル資産ということです。





NFTアートの特徴


NFTアートとは「NFTという代替不可能なトークンが付与されたデジタルアート」のことです。

デジタル作品はコピーされやすいので、

偽物が作られても本物と区別することが難しい面がありますが、

NFTがあることによってその作品の所有者や今までの購入者などすべての情報が記録されますので、美術品などと同等の世界に一つの存在になるわけです。

価値が補償されれば売買の対象にもなりますので、大きなマーケットになる可能性を持っています。





NFTアートの取引について


NFTアートはNFTマーケットプレイスで売買されています。

NFTアートを取引するにはNFTマーケットプレイスにログインし、

仮想通貨のウォレットを作成します。

NFTが取引されているマーケットプレイスは複数ありますので、

自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。


例えば、OpenSeaはNFTの流通量が多く、世界規模のマーケットプレイスです。

仮想通貨ウォレットはMetaMask(メタマスク)が日本語対応しているのでおすすめです。

ほとんどのNFTが仮想通貨イーサリアムで取引されているので、

仮想通貨はイーサリアムを購入しましょう。


ただ、イーサリアムは様々な面で使用されているため、

手数料が高かったり処理が遅くなったりするなどの問題もあります。

その問題を解決するための代替えとして仮想通貨ポリゴンがあります。

注目を集めているプロジェクトですので、チェックしておくとよいですね。



NFTアートはまだ知名度は低いものの、有名人が利用し話題を集めたりと今後様々な分野での活用が期待されています。

今のうちにお気に入りの作品があれば購入してみるのもいいかもしれませんね

NFTアートはまだ知名度は低いものの、有名人が利用し話題を集めたりと今後様々