こんばんは。今晩、絵を出す男、zukkyです。


今日は最近力をいれている「NFTアート」についてです。

NFTについてはかるく以前の記事で書いたのでそちらを見てみてください。





zccとは?

zukky characters collectionの略です。
色々なキャラクターを作成していこうというコンセプトのコレクションです。

※2022年3月22日現在、38作品がNFTアートとして登録されています。


026_marishiten

000SAMPLE




第二十六号のマリシテンです。


元は仏教の守護神である天部の一尊である摩利支天からです。




左下には通し番号と名前、右側には少し大きな画像を配置。
すべてこのひな形で作成しています。


摩利支天は陽炎、太陽の光、月の光を意味する、「マリーチ」を神格化したものです。
武士の間では摩利支天信仰があったようです。


陽炎をモチーフにしたので、髪の毛にあたる部分には特殊な描き方をしました。
揺らいでいるような、透けているような、そんな表現です。


仏教の神からイメージを頂いているので、
以前描いた「アスラ」とも少しデザインを似せています。

アスラの記事はこちらから。




仏像としての姿は、三面六臂または三面八臂で月と猪に乗る姿などがあります。
三面六臂(さんめんろっぴ)は3つの顔と6本の腕、という意味です。


アスラ同様に顔は割愛し、腕は6本にしようかと考えたのですが、
同じような身体つきになるので、4本にしました。


背面にある大きな腕は操っているような感じです。
神通力のような謎の力で動かしているイメージにしたかったので、
指は印をむすんでいるような形にしています。

背面の大きな腕も、不思議な力で関節がつながっています。



大きな腕はちょっとメカメカしいデザインにしてみたかったんですが、
土や粘土を固めた感じも狙いたかったです。




なんともいえない顔がお気に入りです。




openseaでのデータはこちらから見れます。